2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

固定ページ

古い布や服はゴミに出さずに古紙回収に出すなどしてリサイクルしましょう

日本にはリサイクルという言葉が広まる前から「もったいない」という言葉がありました。捨てるのは最小限でした。レジ袋やプラスチックもありませんでした。お店で買い物をしても、野菜なら買った分だけ八百屋さんが新聞紙に包んでくれました。生ゴミは土に埋めてたい肥にしていました。人間の排泄物でさえゴミではありませんでした。お米のとぎ汁も、飲んだ後の茶殻もそのまま捨てることはありませんでした。着られなくなった着物も糸をほどいて生地に戻し、赤ちゃんの着物や布団の生地に使うなどしていました。


今は何でも物がそろっていて便利な世の中にはなりましたが、リサイクルという点ではどうでしょうか。マイバッグ運動は広がってきていますが、何も言わなければやはり店員さんがレジ袋に入れてくれます。商品も初めからていねいに包装してあります。1つの商品にもさまざまな素材が使われるようになり、細かく分別するのは一苦労です。紙パックのジュースなら、ストローの袋は別です。ゼリーなどの場合、容器・ふた・スプーンそれぞれ素材が違う場合もあります。分別が面倒な人はまとめて普通のゴミにしてしまうことでしょう。自治体によって、細かく分類するところもあれば、燃えないゴミ以外は全て普通ゴミというところもあります。焼却場の性能の違いによる場合もあります。


どれだけ高温で焼却する能力があっても、ペットボトルを中身の入ったまま捨てる人がいては焼却温度があがるのに時間がかかります。当然その分エネルギーが浪費されます。ちょっとした身勝手な行為のために余分なエネルギーが必要になったり、その分のコストが高くなったりするのです。このように、リサイクルは一人ひとりの心がけが大きな力になるのです。身近なリサイクルといえば空き缶回収と古紙回収でしょう。空き缶回収は学校でも実施していたりするので、なじみのある人も多いことでしょう。古紙回収は廃品回収とも呼ばれ、集められるのは新聞だけではありません。古紙回収という名の通り新聞の他に雑誌、段ボールも回収されます。また、あまり知られていませんが、生地も回収されます。小さくなって着られなくなった子供服やぼろぼろになった雑巾などはゴミにせずに古紙回収に出せばリサイクルになります。もちろん、小さくなっただけでまだきれいな服はリメイクするという方法もあります。小さい子に譲ったり、古着を募集している難民キャンプに送れば、リサイクルにもボランティアにもなります。