2017年5月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

固定ページ

古紙回収についての事

最近は、リサイクル、リユースなどが流行しています。とにかく地球環境の破壊が叫ばれていますから、それに対してどうにか個人で出来ることは無いだろうか、と言うことで、小さい事ながらもリサイクル、リユースなどが行われているのです。古紙回収もその一環です。紙はかなりリサイクルしやすいものです。金属などは色々と大変ですが、紙の場合は物凄く簡単にリサイクルすることができます。ですから、自治体などが積極的に古紙回収をしているわけです。


コストの面から見たら、新しく作ったほうが良いことが多いのですが、前述の通り、地球環境の為にもリサイクルできることはリサイクルするべきであると言えるでしょう。基本的には、自治体がリサイクル、古紙回収をしているのですが、場合によっては民間の回収車が回っていることもあります。どちらにせよ、しっかりとリサイクルされるわけですから、それほど細かく気にすることは無いでしょう。ですから、とにかくしっかりと古紙回収に出すことだけを考えてください。普通ゴミとして捨てる人も中にはいるのです。ごちゃごちゃにすればわかりませんから、回収はしてくれますが、そうしたことではリサイクルに回されることはなくなってしまいます。ですから、できることならしっかりと分別して古紙回収に出すようにしてください。一人一人のリサイクルなんて小さなものかもれませんが、何千、何万の人が行えば大きな効果があることでしょう。


一人ができることは小さいかもしれませんが、決して悲観せずにしっかりと実行しましょう。こうしたリサイクル業が拡大していけば、他にも再利用しよう、と思ってくる物が増えていくことでしょう。こうしたことに補助金を出して、業界そのものを拡大させることが今の政府に求められていることなのです。始めは赤字かもしれませんが、規模が拡大すればそれなりに利益を出すことができるでしょう。そして、それが地球環境の為、未来の為になるのだとすれば、それは政府が積極的に支援するべきことであると言えるでしょう。そうしたことに反対する人はまずいません。ですから、積極的にそうした政策をとってもらえるように政府に働きかけることが重要です。また、一人一人が参加しているという心構えを持って活動することも大事です。そうすれば、きっとリサイクルの文化は根付くことでしょう。積極的にそうした活動を応援していきたいものです。未来の地球の為にも頑張りましょう。